共通価値の創造経営
CSV経営 Creating Shared Value

CSV図

 様々な社会課題を、ビジネスで解決する。

 私たちは、社会に新たな価値を創造する事業活動を通して、企業の経済的価値を創造する「共通価値の創造経営(CSV=Creating shared value)」を推進しています。

CSVとは何か?

CSVとは、
Creating = 創りだすこと 創造
Shared = 分かち合う
Value = 価値 益
という意味からなっています。


 社会のニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果、経済的価値が創造されることを意味しています。

 私たちのグループで説明すると、私たちが明日葉保育園を開園することによって、社会のニーズである保育園待機児童問題解決に貢献し、私達の事業も拡大成長出来ること等は典型的な例です。





 私たちは、これまでも社会貢献に積極的に取り組んできました。CSR(企業の社会的責任)と呼んできました。CSRは、事業活動により得た利益を社会貢献活動に使うものです。 それに対して、CSVは、事業活動の周辺ではなく、中心に位置づけられるものです。CSRは、事業活動によって利益が出たら取り組める活動であるのに対して、CSVは、 現在直面している喫緊の社会問題に対して、慈善活動ではなく、あくまでも事業として取り組むものです。

私たちの事業一つひとつを

 私たちのサービスはお客様の役に立つのか?社会の役に立つのか? という基本的な問いを立てて吟味し、お客様や社会にお役に立つことを事業として展開していくことを意味しています。
 私たちグループの事業によって解決できる、またはその可能性のある社会的ニーズ、社会問題は何か?
 社会的ニーズを常に探し求めることで、既存市場において差別化とリポジショニングのチャンスを見出し、これまで見逃していた新市場の可能性を探るものです。

私たちのCSV

 私たちグループが取り組んできた事業は、そもそも社会貢献性の高い事業ばかりであるという特質を持っています。

 CSV経営を名乗る以前から、Make a Smile ! 笑顔の創造を目指して来ました。安全で美味しい食提供によるお客様の健康とQOLの向上、 安全な自動車運行管理によるCO2削減と交通安全、良質な保育と児童育成による児童の健全育成と保護者のワーク・ライフ・バランス支援、虐待予防、 高齢者介護事業による高齢者福祉向上と家族のワーク・ライフ・バランス支援、コンビニ店経営による身近な生活支援、地域に密着したホテルによるホスピタリティ、 人生に寄り添う冠婚葬祭のお手伝い等、私たちグループは、これまでもお客様の笑顔を創造し、社会にお役に立つことを事業そのものの目的として取り組んでまいりました。

 現状に満足することなく、時代が、社会が必要としているニーズを的確に捉えて、常により良いサービスを提供し、社会と私たちグループ双方に、 今までなかった新たな価値を増し加える創造こそが、私たちの目指すCSV経営です。


ソシオークのあゆみ


 葉隠勇進株式会社は、フードサービスからソーシャルビジネスへと事業を拡げ、 2013(平成25)年10月、創業50周年を機にソシオークホールディングス株式会社を持株会社とする「ソシオークグループ」を設立しました。 変化する社会のニーズにスピーディーかつ的確に応え、いきいきとした社会づくりに貢献する「共通価値の創造(CSV = Creating Shared Value)経営)」を推進しています。


ソシオークの 創業から現在に至るまで


ソシオークの由来

ソシオークというグループ名は、「社会」を意味する「Socio」と大樹を意味する「Oak」を組み合わせて生まれた名前です。生命力豊かに大地に根を張り、枝を伸ばし、たくさんの葉をつけ、お客様のいきいきとした未来に貢献する企業グループになりたいという願いを込めて名付けられました。

ダイバーシティの取組 障がい者雇用の促進

 ソシオークグループは、食事作り、子育て、介護、送り迎え等、かつて女性が家庭の中で無償の労働として行っていた家事を社会化する事業をしています。

 今日、4000名を超える従業員が働くソシオークグループの源泉は、大隈敏史・幸子夫妻の出会いから始まります。
 学生結婚した二人は、卒業後、敏史は法律関係の出版社勤務、幸子は都内の公立小学校の教員になり、幸子の母、ていとともに三人で川崎市中原区井田に暮らしました。ていが娘夫婦に一日も欠かさず持たせたお弁当は、大切な家族への愛情いっぱいの、てしおにかけたお弁当で、敏史の会社の同僚からは、「お金を払うから私の分も作ってきて欲しい」と頼まれるほどでした。
 敏史は幼少期の事故による足の障害のゆえに、会社勤めを続けても低く評価されることから独立を決意し、「障がい者も健常者も、男性も女性も、高齢者も若者も、誰もが尊重される社会、会社を創りたい」と昭和38年に川崎市で起業しました。



創業者・大隈敏史社長

創業社長大隈敏史
(おおくまとしちか)

創業期の社員たち・会長と初代料理長

 ていを料理長として、大切な家族のために作っていたのと同様に、愛情いっぱいの、てしおにかけたお弁当を提供するお弁当屋さんを始めました。
 創業した時には、既に、長男が生まれておりましたし、創業の2年後には、さらに次男である現在の社長も生まれました。
 幸子は出産後も教師と育児と家業と、忙しくも充実した日々を送っていました。
 事業の拡大に伴い、事業に専念することを決意して、小学校の先生をやめました。
 お弁当屋さんから始め、割烹料理「葉隠勇進」へと成長したのが創業期です。



創業時の社員たち

創業時の社員たち



創業者・大隈敏史社長

会長 大隈 幸子



創業者・大隈敏史社長

大隈幸子会長と母・山中てい

会長

 創業社長敏史は、足の障がいのために入院することもありましたが、入院時にも幸子は、メニューの考案、仕入れ、営業と、精力的に事業を拡大していきました。

 二人の息子たちは、働く母の姿を見て育ちました。
 1984年(昭和59年)9月、創業社長敏史が癌のために永眠し、幸子が社長として経営を引き継ぐことになりました。
 幸子48歳、長男23歳、次男19歳でした。
 ちなみに男女雇用機会均等法施行は1986年(昭和61年)4月です。
 男女雇用機会均等法もなかった、働く女性を軽んじる風潮が社会に根強かった時代に、二代目社長幸子は事業拡大のスピードを緩めるどころか、より精力的に新しい仕事にも果敢に挑戦し、社員食堂、病院給食、介護施設食堂、学校給食、レストランと、今日のフードサービス事業の形を作り上げました。
 葉隠勇進株式会社は1985(昭和60)年に病院給食業務を、1987(昭和62)年に都立高校の給食業務を、1989(平成元)年には 特別養護老人ホーム給食業務を受託するなど、社会の変化とともに、産業給食だけでなく幅広い分野で川崎以外の地域にも事業を広げました。

 自治体の学校給食が民間事業者に委託されるようになり、1998(平成10)年、葉隠勇進は都内の公立小・ 中学校の学校給食調理業務を受託しました。
 民間委託によるコストの削減と給食内容の充実や細かなアレルギー対応。 何よりも安全で安心な食事が求められる学校給食の分野で、活躍の舞台をさらに広げました。一方で、 保護者の理解と信頼を得るために2001(平成13)年、業界に先駆けて「ISO 9001品質マネジメントシステム」の認証を取得しました。

葉隠勇進創業50周年ソシオークグループ設立パーティー

葉隠勇進創業50周年ソシオークグループ設立パーティー




社会の課題解決を事業活動に

 ソシオークグル―プが目指すCSV経営。これまで多くの企業が取り組んで来たCSRは企業の社会的な責任として、 企業があげた収益の中から社会や社会問題の解決に還元するものですが、CSV「共通価値の創造」経営はそれよりも一歩進んで、 社会にとっての価値と企業にとっての価値を重ね合わせることで、社会的な課題の解決を企業の事業活動そのものとして 進めていくものです。
 常に社会が必要としていることに先駆けて取り組むことを考えています。時流に適わないと企業経営は上手くいきません。 給食サービスをとっても最初は企業関係の食堂運営が増え、高齢化の進展とともに介護施設の給食サービスのニーズが増え、 病院給食も民間委託化により増えてきました。かつては自治体直営だった学校給食も、民間委託化が進められています。 どれも参入時は何もかもがチャレンジでした。何年間か継続し、実績を積み重ねることでノウハウも生まれ、対応力が強くなります。 経験がないから参入しないでは、新しいことには取り組めません。変化を恐れてチャレンジせずに立ち止まっていては、企業は社会から必要とされなくなるでしょう。
 ソシオークグループの従業員の74%が女性であり、子育て中の者、介護中の者も多く、女性が安心して働き続けるために必要なものを当事者として知っていることが新しい事業を産み出すきっかけとなっています。

社会環境の変化

私たちの事業領域は、「かつて家庭において女性が担ってきた仕事」を「社会化」するものです。

私たちは、女性の社会進出、男女共同参画、核家族化といった社会環境の変化により生まれる社会課題を、ビジネスとして責任を持って解決することを使命としています。

ビジネス環境の変化

 ビジネス環境も変化しています。 給食や介護や保育等、かつては行政や社会福祉法人が担ってきたことが、行政だけではなく、民間の力で新しい発想をもって、一緒に作り上げていくことが当たり前になりました。
株式会社の認可保育園、指定管理者制度、公設民営事業等が増え、民間の知恵、経験や人材による社会貢献型事業が、ビジネスとして成り立つ成長産業となっています。 ソシオークグループが展開している事業領域は、まさにこの時代のニーズに重なっています。
CSRとして社会貢献するのではなく、社会貢献型事業を私たちのビジネスそのものの中心に据えるのが私たちの「共通価値の創造 (CSV = Creating Shared Value)経営」です。 

グループ成長の2つのエンジン

私たち、ソシオークグループは、フードサービスと社会貢献型ビジネスであるソーシャルビジネスを成長の2つのエンジンと位置づけています。


ソシオークグループ概要

2014年01月08日 ソシオークグループ 葉隠勇進株式会社が
「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選定されました。


当社のグループ会社である葉隠勇進株式会社は、平成25年度経済産業省中小企業庁が主催する「がんばる中小企業者・小規模事業者300社」に選定されました。

中小企業庁では、以前より、「元気なモノ作り中小企業300社」を表彰し、技術者のモチベーション向上や独自の技術力を持つ中小企業の社会的認知度向上などを図ってきました。
今回、ものづくり分野のみならず、サービスの創造や地域貢献・地域経済の活性化等、様々な分野で活躍している中小企業にも対象を拡大させ、葉隠勇進(株)がサービス・小売部門で選定となりました。(サービス・小売部門は全国で約90社選定)

ソシオークグループは、今後とも「社会と共生する樹でありたい。」のグループスローガンの基、社会に必要とされるグループ企業運営に邁進する所存です。なお一層のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


経済産業省 http://www.meti.go.jp/press/2013/12/20131225005/20131225005.html

「がんばる中小企業・小規模事業者300社」 表紙

「がんばる中小企業・小規模事業者300社」


働く女性が輝く社会に


 ソシオークグループは社員、スタッフの大半が女性という、女性に支えられ、女性が活躍するグループである。 食事づくり、子育て、介護、送迎。かつて女性が家庭の中で無償の労働として行っていた家事を社会化している。 ホテルでのおもてなしもその延長線にある。
 男女共同参画が必要な時代であるにも関わらず、子どもを産み育て、家族を介護しながら働き続けるための社会的基盤は不十分である。 企業としてグループ内の制度はこれまでも整えてきた。しかしながら、社会に、子育て支援施設や介護施設などの社会基盤が足りなければ、 働き続けることは出来ない。同グループはグループが培ってきた食や安全のノウハウをベースに、女性が働きやすく、 活躍を続けられる社会環境づくりを進める。女性の社会参画、男女共同参画の視点が企業に根付き、働く女性に対する尊敬の念が 企業内に行きわたっている。これは太嘉志社長が幼いころから企業の先頭に立っていた幸子会長の姿を見て育ったからだろう。 女性が担う社会貢献性の高い仕事を事業化し、社会に寄り添いながら事業を展開してきた50年間。さらに100年続く企業とするために、 太嘉志社長はこう考える。
 「『大切な人のために作る愛情いっぱいの料理とサービス』を創業の原点とする私たちソシオークグループは、 これからも『大切な人』を思い浮かべながら、”Make a Smile!”自分のためだけではなく、誰かを笑顔にしたり、 社会のお役に立つ事業を成長の源泉とする”Creating Shared Value”(共通価値の創造)経営を推進し、 社会と共に成長し続けたいと思っています」

『かわさき長寿企業』140頁~147頁より。

『かわさき長寿企業』
140頁~147頁より。


「叶えたい夢があって、栄養士になりました。」


「笑って」「食べる」を提供する人の会誌
『笑食快膳』2015年10月号にソシオークグループ葉隠勇進株式会社が紹介されました。
表紙の写真は、葉隠勇進株式会社 管理栄養士の筋野真由美さんです。

『笑食快膳』 No.152 10月号 表紙

『笑食快膳』 No.152 10月号


東洋経済オンラインで、
ソシオークグループの病院食が紹介されました。

 『現場力を鍛える』『見える化』などのベストセラーがある遠藤功氏が、昨年11月に出版した『現場論「非凡な現場」を つくる論理と実践』(東洋経済新報社)が、発売20日で3万部を突破しました。

 「日本企業の強さは現場力にある」という視点から、現場力を鍛える仕組みがわかりやすく書かれた1冊で、 「私の職場でも応用できるヒントを見つけた」「現場で働くことが楽しくなった」などの声が、読者から多数届いています。

 今回から2回にわたって、『現場論』のミニ事例で紹介したソシオークホールディングス(以下、ソシオーク)の 大隈太嘉志社長との対談を掲載します。ソシオークが展開する「大切な人のために作る」給食事業、その人気の秘密に迫ります。

『笑食快膳』 No.152 10月号 表紙

「ひな祭り」の日の病院食。イクラ入りのちらし寿司にサワラの木の芽焼き、そら豆のすり身揚げ。


東洋経済オンラインで、
ソシオークグループの学校給食が紹介されました。

 『現場力を鍛える』『見える化』などのベストセラーがある遠藤功氏が、 昨年11月に出版した『現場論「非凡な現場」をつくる論理と実践』(東洋経済新報社)が、発売20日で3万部を突破しました。

 「日本企業の強さは現場力にある」という視点から、現場力を鍛える仕組みがわかりやすく書かれた1冊で、 「私の職場でも応用できるヒントを見つけた」「現場で働くことが楽しくなった」などの声が、読者から多数届いています。

 前回に続き、給食事業や介護支援事業などを手がける「ソシオークホールディングス」(以下、ソシオーク) の大隈太嘉志(おおくま・たかし)社長との対談後半を掲載します。

 ソシオークの中軸会社である葉隠勇進が、小学校で提供しているグルメなクリスマス給食や、 「現場の目を外に向ける」改善活動についても話をうかがいます。

『笑食快膳』 No.152 10月号 表紙

「目黒区の区立小学校」のクリスマス給食。イチゴのパイ生地ミルフィーユとクリームシチューがけのカレーピラフ。


Diversities


「地域女性活躍推進委員会」前列左端:大隈幸子会長

原点回帰

 ダイバーシティ経営推進は、私たちにとって原点回帰です。
 創業のきっかけは、障がい者が差別されずに働ける職場を自分たちで作ろうという、障がいがあった創業社長夫妻の想いでした。
 障がいがある創業社長と、小学校教師である妻と、高齢者である初代料理長の母ていの3人が、創業し、男女雇用機会均等法施行以前に、女性社長が就任し、事業拡大してきたのが私たちの歴史です。
 女性が支え、女性が活躍してきた会社だからこそ、女性たちが働きやすい会社を作ってきました。
 制度も整え、実際に使って来ました。
 会社の中は女性が働きやすい体制が整っても、会社の外がわの環境、つまり子どもを預ける保育園や介護サービス等が整っていなければ、働き続けられません。
 社会にその基盤が足りないなら、私たちが、我が子や家族に利用させたい理想の保育や介護を提供する施設を作ろうと始めたのが、私たちのソーシャルビジネスです。
 現在、二代目社長は、会長となり、経営を次男である現社長に任せていますが、女性職員のことをいつも気にかけ、応援しています。
 川崎市の「地域女性活躍推進委員会」の委員も引き受け、あとに続く世代の女性たちがもっともっと活躍するようにと、精力的に活動を続けています。

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」

 このたび、「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言に、賛同いたしましたことをお知らせいたします。
 ソシオークグループは、社会に役立つ事業を成長の源泉として「共益の創造経営(CSV=Creating Shared Value)」を推進し、持続的な成長を目指しています。
 私たちの事業領域は、食事作り、子育て、介護、子どもの送り迎え、生活サポートといったかつて女性が家庭内で担っていた家事を、社会で担うことにより、 女性たちがそれぞれのライフステージにおいて、ワーク・ライフ・バランスを保って、家庭でも仕事でも充実した人生を歩めるような社会基盤を整える仕事です。
 私たちは、女性がさまざまなライフイベントを経ながらキャリアを形成できるように、女性が活躍するためになくてはならない社会基盤を創造する事業を通して、 持続的に成長してまいります。

★ http://www.gender.go.jp/public/kyodosankaku/2015/201602/201602_09.html


「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」


ソシオーク油田

 使用済み天ぷら油は、ゴミではなく、地域に眠るとっても大事なECO資源です!
まちは、今まで棄てられていた使用済み天ぷら油の豊かな「油田」です。

ソシオークグループでは、フードサービス事業で使用した天ぷら油を回収し、バイオディーゼル燃料にリサイクルし、自動車運行事業でバス燃料として使用する、循環型社会創世に取り組んで参りました。

平成26年7月1日より、
TOKYO油田2017プロジェクト http://tokyoyuden.jp/ に参加し、「ソシオーク油田」プロジェクトを開始しています。

ECO資源である、ご家庭の使い終わった天ぷら油を回収する場所、「ソシオーク油田回収ステーション」を明日葉保育園、グリーンテラス等に開設いました。

回収した使用済み天ぷら油は、バイオディーゼル燃料にリサイクルされる他、「ソシオーク油田石鹸」にリサイクルされています。


ソシオーク油田の取り組みに、どうぞご参加下さい。


「低炭素杯2016」で TOKYO油田2017(東京都)が オルタナ最優秀ストーリー賞を受賞


 低炭素杯2016 オルタナ最優秀ストーリー賞を、ソシオークが参加するTOKYO油田2017が受賞いたしました。

 今回の受賞は、ソシオーク油田等、地域のご当地油田が、地域の使用済み食用油を回収リサイクルして、バイオディーゼル燃料や、石鹸にする取り組みに対して贈られました。 ソシオーク油田では、明日葉保育園、グリーンテラス、児童館、ファミリーマートを回収ステーションとし、地域の皆様と共に回収しています。

 リサイクルで生まれたバイオディーゼル燃料で、コミュニティーバスを運行し、油田石鹸を使用することで、環境啓発教育にも取り組んでいます。




 2月16日(火)、17日(水)に日経ホール (東京都千代田区)で開催した「低炭素杯2016」 (参加者 のべ870人)で、

TOKYO油田2017
TOKYO油田2017プロジェクト

の活動がオルタナ最優秀ストーリー賞に選ばれました。

「低炭素杯2016」とは?

 「低炭素杯」は、次世代に向けた低炭素社会の構築を目指し、民間の方々のご支援・ご協力を得て平成22年度より開催してきました。北海道から沖縄まで、学校・非営利団体・企業・自治体などの多様な主体が、地域性や団体の特性に応じた個性的な温暖化防止の取組や事業を展開しています。そうした活動を全国から集め、発表や団体同士の交流を通じて、取組のノウハウや情報を共有してつながりを深め、地域のベストプラクティスを全国に展開するしくみと場が「低炭素杯」です。
 6回目を迎える「低炭素杯2016」では、環境教育分野に優れ貢献した団体に、本年度より新たに文部科学省から文部科学大臣賞が授与されました。