保育士としてのやりがい

 「やくわ先生おはよう!」私の一日の始まりです。部屋へ入るとバタバタと駆け寄り、抱き着いてくる子ども達。「おはよう!元気かな?」と声をかけながら、自然と笑顔になります。人と人とが接する職業なので大変な面もありますが、それ以上に子どもの成長を目の当たりにしたり、「できた!」という感動を味わうことができたり、子ども一人一人に対して真摯に向き合うことで信頼関係を築くことができるなど、とてもやりがいのある仕事です。また、先輩方の専門職としてプライドを持ち仕事をしている姿を見ると、もっと頑張らなくてはならないと身の引き締まる思いがある一方で、このように尊敬できる人と仕事をできる環境をとてもありがたく思います。
 私は会社を選ぶ一つの基準として「やりがい」のある会社に入りたいと考えていました。実際に働いてみると、もっと勉強したい、もっと知りたいと意欲をかきたてられる日々です。この興味のあることを深められ、自分の糧になるということが、「やりがい」に つながるのではないかと考えます。これからも子ども達のために、自分のために、一緒に働いている人のために、会社のために、社会のために頑張っていきたいと思います。

入社を決めた理由

 私は女性が子どもを産み、育てながら自分らしく生きられる社会を作りたいと思い、弊社でならその実現ができると感じたので入社することを決めました。大学の卒業研究で、他国と比べても子育てに関する法制度が整っておらず、社会の理解がされにくい環境などが、まだまだ根強いことを知りました。そこで、働きながらも女性の支援をしていきたいと考えました。
また、弊社の魅力は「人を大切にする」ところだと考えます。私は、会社のバックアップのおかげで保育士の国家試験に受かることができました。弊社が通信講座を運営している会社と法人契約を結 び、それによって私たち社員が通信講座を受けることができるようになっています。仕事をしながら勉強をするというのは大変難しい時もありましたが、多くの方の協力により達成することができ、また、自分自身に自信を持つことができました。このように人の頑張りを応援し、大切にする会社であるところが魅力であると思います。


 皆さんにお会いできることを楽しみにしています!!