働く意味

 「なんのために働くのか?」という質問を社長から受けました。当時入社2年目の私は、返答に困ってしまいました。生活していくため、お金のため、家族のため、成長するため、いろいろな答えが浮かんではきますが、どれもしっくりときませんでした。そんな時、大学のときから何度も読んでいた小説に「社会と繋がる」というフレーズがあったのを思い出しました。大学での4年間で、とても多くの人と出会い、繋がりを感じてきました。その繋がりが自分を大きく成長させ、現在ソシオークで働いているといっても過言ではありません。働くことで、社会と、多くの人と繋がっていられる。働くことで、社会に貢献出来ているということは、とても素敵なことではないかと思います。
 社会貢献性の高い事業を展開するソシオークは、自分にとって大きな「繋がり」です。

スポーツを通してのブランディング

【企業対抗駅伝】
  2012 男女混合の部 9位/209チーム中
  2013 男性の部 15位/252チーム中、女性の部 優勝/9チーム中
  2014 男性の部 17位/274チーム中、女性の部 2位/19チーム中

【川崎フロンターレスポンサー対抗フットサル大会 ORIHICA CUP】
  2012 ベスト16
  2013 ベスト16
  2014 準優勝


 私が入社してから、様々なスポーツイベントに参加してきました。もともとスポーツが好きだったので、スポーツを通して会社と繋がりが持てるというのは素晴らしいと感じます。その中でも、企業対抗駅伝とORIHICA CUPは会社のブランディングにも大きく貢献しています!特に思い出に残っているのが、2014年のORIHICA CUPです。過去2年は決勝トーナメント初戦で敗退してしまっていたのですが、今大会では勢いに乗り、気がつけば決勝戦に!惜しくも決勝で敗れ準優勝となりましたが、チーム一丸となって戦うことができました。さらに嬉しいことに、大会を観戦していた社長からご褒美として、オリジナルユニフォームを作成していただきました!来年はソシオークグループの看板を背負い、新しいユニフォームで優勝を目指したいと思います!